FB_IMG_1511939410207


〈わたしが真ん中にある暮らしをつくるナビゲーター〉
 新海智子のプロフィール

 
1979年生まれ。埼玉から長野に移住して11年目。
玉川学園大学文学部教育学科卒。
小中高学校教員面免許取得。
Project Adventure アドベンチャープログラミング修了。
             
テクニカルベーシックスキルズ修了。
WAO!川上村女性応援チーム代表。
NAGANO農業女子コアメンバー。
ワークショップファシリテーター・イベント企画運営。



大学で教員になるために学ぶ中で、学力を最重視する教育システムに違和感を感じる。
ずっと興味のあった「人の心の成長」に関わるため体験教育機関で学び働く。

3年半の間、約2000人と携わる。


 

2006年、たまたま好きになった人が農家で埼玉から長野に移住11年。

そこはバリバリに働き稼ぐ大農村だった。

トラクター
転職先は農家の嫁。
地域の文化に合わせた暮らし方に努力する。
imageimage
家族や地域の人たちは優しかった。
 
でもある時気が付いた。
この暮らし、私にフィットしてないのでは?


ほんとうにありたい姿は・・・


周りの目を気にしすぎないで、やりたいことをやりたい。
役割も大切にしつつ「わたし」として暮らしたい。
ここにいる意味を見出したい。
応援しあえるコミュニティーの中にいたい。
イキイキしている母の背中を子供にみせたい。
わたしを好きになりたい。



そうだ、

わたしの価値観を大切にする暮らし方をつくっていこう!


そこから学びや暮らしの中で自分の大切なニーズを見つけ、ひとつひとつ積み重ねてく。
imageIMG_20170717_184731_710[4542]
少しずつラクになり、家族や地域そして自分も愛せるように。

私のように、きっと自分らしく暮らしたい女性は周りにもいるはず。
勇気を出して地域でワークショップやイベントを企画運営。
初めての講座は受講生(友人)2人、自宅のこたつを囲んで開催する。
主催イベントでは4000人の人口のうち300名の来場者が訪れる回も。
1511950965358

IMG_20171130_000210_100IMG_20171130_000150_131
活動を重ね、気づけば応援・成長・共有できる仲間ができていた。

まわりの女性がどんどんとキラキラしていく。
モノクロにしか見えなかったのが、いろどりあふれる世界へ。

IMG_20170715_205145_658


2017年、さらに女性たちがfitした暮らしをつくるためのサポート組織を作りたいと
アイデアコンテストに応募。
100人の前でプレゼンテーションをする。

274件の中から「地域ライフスタイル事業アイデアイノベーション部門賞」受賞。
WAO!川上村女性応援チーム」を立ち上げ代表を務める。

image


わたしが真ん中にある暮らし。

わたしとつながること、
わたしを喜ばせてあげること。
それはまわりの人にもそっと幸せを拡げていくことになる。


楽しみながら、時にもがきながら。

自分にfitした暮らしをつくっていく大人の背中をこどもたちに見せていたい。

わたしらしい暮らしをつくる価値観が当たり前でカラフルな、
今よりも「ぐっ」とやさしい世界をつくるために。
image


わたしが真ん中にある暮らしを作るナビゲーター》として活動。

・女性が自分らしい暮らしを創るための講座
(自分の特性を知る、自分軸を見つける、自分らしい暮らしを創るための1年の計画をたてる、etc…)
・女性が自分にfitしたコミュニティーや人と出会うための交流会

を提供している。


参加者からは

「自分なんて何もないと思っていたけど、前よりも自分のことが好きになった」
「もやもやがスッキリ、悩んでいたことの次の一歩が見つかった」
「自分のビジョンが分かった」
「自分の悩みパターンが分かった」
「参加型の講座で楽しみながら発見や気づききがある」
「初めて会った人ともすぐ深く話せるしかけや雰囲気があって参加しやすい」
「会うだけで元気がもらえる」

という声をいただく。



現在は自分が住んでいる場所でのコミュニティー作りに
プレイヤーでありプロデューサー目線で活動中。



講師・講演実績

2012 来年の理想を描くワークショップ講師

2012 twitter勉強会‐つながって農繁期を乗り切ろう!‐講師
2013 わたしの大切にしているニーズを知ろう@神奈川講師
2014 2013年を振り返って私らしい2014年にするワークショップ講師
2014 農繁期の農家の嫁がもっとHAPPYになる研究会12 ワークショップ講師
20152018 村の新米お嫁ちゃん達がつながる会12ワークショップ講師(川上村主催)
image

2017 不便・不満をアイデアにする会 ワークショップ講師(川上村主催)
image
2017 不便・不満をアイデアにする会ワークショップ講師(南牧村主催)

2017 Kawakami Idea Forest アイデアコンテスト2017
【地域ライフスタイル事業アイデア部門賞】受賞
imageimage

2017 NAGANO農業女子会プレゼンテーション

2017 農業女子トーク&カフェ(移住希望者向け)登壇 (東京・名古屋)

2017 東信農業女子交流会ワークショップ講師

    (長野県農村生活マイスター×佐久農業改良普及センター×NAGANO農業女子)

・2018 NAGANO農業女子交流会 ワークショップ講師(50名)

・2018 諏訪農業女子団体研修講師(8名)
2018 Kawakami Idea Forest アイデアコンテスト2018プレゼンテーション
・2018 日本農業大学 移住セミナー登壇



活動実績

20072011 ファームステイホスト(多い時は50/1ケ月)
image
20072012 野菜通信販売「ひなたぼっこの野菜たち」image

20122013 都会に住む親子対象の収穫体験

2012 村の女性交流会ナビゲーター

2016 #Discoverkawakamiタグプロジェクト
Screenshot_20171129-195750

2017 雑誌NEXTWEEKEND #Discoverkawakami編集部として関わる

 _SX392_BO1,204,203,200_
NEXTWEEKEND2017 wintes&spring おてんばな野心を週末に叶える本別冊家庭画報
世界文化社 2017-4-14

イベント企画実績

2016-2017 Kawakami girls Collection主催 ×3回image

image

2017 東信農業女子交流会共催

   (長野県農村生活マイスター×佐久農業改良普及センター×NAGANO農業女子)23561674_1481364255266723_241774221642974009_n


 1511947006931[6537]

新聞掲載

2011 日本農業新聞 消費者とつながる農業

image

2017 日本農業新聞 農業女子によるイベントKawakami girls Collectionの内容掲載



2017 日本経済新聞 川上村の女性活躍推進image

2017 日本農業新聞 東信農業女子交流会

 
11751_20171110日本農業新聞-2

雑誌掲載


2016 Discover Japan9月号

 


執筆
・2018 日本農業新聞(信越版)コラム全8回予定(現在5回執筆)



冊子掲載


2017 NAGANO農業女子STYLE ワタシたちが「農業」を選んだ理由

DSC_0151

寄稿


・2017 ママそら「今日の輝くママ」




お問合せ・講師・講演・取材等の連絡はこちらまで
→ticonewsea☆gmail.com
(☆を@に変えてください。)