わたしが『まんなか』にある暮らし-「山奥まで嫁に来て良かった!」と思える日々を-

30代。都会から山奥へ移住11年。レタスの大産地、長野県川上村の農家の嫁。 自分の価値観を大切に、わたしはわたしとして楽しく生きる暮らしかた進行中!

2017年01月

「よいしょっ、よいしょっ!」 夏、早朝からの出荷。 帰って来てまずやることは 腰にぶら下げている出荷用の包丁を外すこと、 帽子や手袋など小物を体から取ること。 「ぷはー!!」 と、ちょっと身軽になる。 ………… その次は大作業が待っている。 ...

雪が膝下まで積もっている。 誰もいない山のなか。 ブランケットで頭を覆い、 顔だけ出した人が こちらに向かってガンガンと雪道を歩きながら大きな声で何か伝えている。 「どんなに頑張ってもさ、 何で分かってかれないかってことあるよね。 俺だってそうよ! ...

「えっ?手相見られるの?」 占いの類いに興味のない夫が 私の手の平にある線をしげしげと見ていた。 「俺の手の表情と何が違うかな、と思って。」 そこで、占いと聞いて 最近「しいたけ占い」をチェックし忘れていることを思い出した。 ………… 「しいたけ占 ...

夜も深く、窓の枠が凍っていた午前3時。ぱっと目が覚めた。その日の1番はじめにわたしの目に入ってきたもの。空一面に数えきれない星々が目に映った。夢なのかも・・・かと思う程の美しさ。空気が澄み切っているのか、それはそれはピカピカしていた。しばらくそのままお布団 ...

↑このページのトップヘ